煩悩の数だけスーリヤナマスカーラ 年末特別クラスレポート その5 最終章

さてさて、その5 最終章に参りましょう。

そもそも煩悩とは何か?

ウィキペディアより転載しました。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
煩悩(ぼんのう、梵: क्लेश, kleśa, クレーシャ、巴: kilesa, キレサ)とは、仏教の教義の一つで、身心を乱し悩ませ智慧を妨げる心の働き(汚れ)を言う。英語では、Kleshasと表記する。同義語として、「漏」(ろ、梵: aśrava, アーシュラヴァ、巴: asava, アーサヴァ)が用いられたりもする(例:漏尽通)。

俗に煩悩は108あり、除夜の鐘を108回衝くのは108の煩悩を滅するためと言われるが、実際には時代・部派・教派・宗派により数はまちまちである。小は3にはじまり、通俗的には108、大は(約)84,000といわれる。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
なんだか難しいことが書いてありますが、皆さんの煩悩はなんでしょうか?

108回の太陽礼拝を行う中で感じる事、きっとあったかと思います。

それですよ。それ!!

意外と大したことじゃなかったり、すごーく衝撃的なことでしたり・・・

人それぞれだと思います。

その思いをお土産に持って帰っていただき、ご自身を見つめなおすきっかけになればいいなと思います。

私??そりゃー煩悩だらけですよ~(焦)ワハハハ。でも人間らしくて素敵じゃない??

さてさて、108回の太陽礼拝を終えたみなさんに一言づつ感想をいただきました。

♦Yさん

無事やり遂げられて良かった。

♦Eさん

70回目からしんどくて、80回目になったら希望が見えました。

♦Mさん

久々に何も考えず集中して出来ました。

♦Kさん

きつかった・・・

♦Nさん

参加して良かった。最後まで出来て満足しました。またやりたい。

Nさんからはメールもいただきました。

参加して本当に良かったと思いました最初は最後までやり遂げられるか不安でしたが、一応 皆に付いていく事が出来、達成感を感じました 自信にも繋がりました有難うございました


♦Sさん

60~95回がつらかった・・・。先が見えなかった。

♦Sさん

楽しかった。30回くらいまでハイテンションに。自分の体に感謝しながら出来ました。途中で雑念がわいたのが残念。

♦Rさん

意外とあっという間にできました。こんなもんかな~。

♦Kさん

だいぶきつかったです。この後大丈夫かな?

♦Nさん

意外とできた良かった。
初めてだったのでちょっぴり不安でした が、先生たちの優しいリードのおかげで108回気持ちよく出来ました。(でも、昨日から筋肉痛です(^_^;))
一体どれだけの煩悩が出てくるのかと思ったら、70回あたりで、お昼ご飯何食べようかな〜?と思って、その後2回くらいそれでした。意外と集中してたのか、 それとも煩悩の中でも食欲が一番強かったのか…いずれにしてもたった一つ浮かんだことがこんなに呑気なことだったなんて何だか笑ってしまいました。それと 同時に半年前にはこんなこととても考えられなかったなと思ったら、温かく幸せな気持ちになりました。体調を崩してから自分の心と体の状態とどう向き合えば いいのかよくわからなかったのですが、なんとなくヒントをもらった感じがします。


♦Sさん

煩悩だらけでした

♦Yさん

辛かったけど楽しかった。

♦Hさん

腕に効きました。でも気持ち良かったです。 

皆さんお疲れ様でした。

来年はもっともっとご自分の長所や個性を表現して自分らしく前に前に向かって進んでいきましょう♪

年末忙しい中ご参加ありがとうございました。

一言でいえば、楽しかった!!
楽しいが一番だよね。
そして、あきらめないこと!!出来るんだから・・・


その1はこちら→煩悩の数だけスーリヤナマスカーラ 年末特別クラスを行いました

その2はこちら→煩悩の数だけスーリヤナマスカーラ 年末特別クラスレポートその2

その3はこちら→煩悩の数だけスーリヤナマスカーラ 年末特別クラスレポートその3

その4はこちら→煩悩の数だけスーリヤナマスカーラ 年末特別クラスレポートその4

Namaste